コミュ障の簡単な判定法



システム担当や社内SEなんてのはコミュ障でも務まると思われがちです。

若干そんな面もありながらも、やはりそうも行かないのが世の中。

社内外の人間、上司、他部署、色々な人とコミュニケーションを取らなければなりません。

それはさておき、先日社内で人とすれ違った時にコミュ障とそうでない人の違いにはたと気づいたのです。

コミュ障の人は正面から同じフロアで働く人が来た時、「人が来た」と認識します。

コミュ障でない人は同じ場合、「誰々さんが来た」と認識します。

これ、以外と的を射ていると思いませんか?

因みに僕はこんなことを言い出しているくらいなので推して知るべしです。