デスクトップのショートカットが消える場合の対策



症状

ある社員から相談がありました。
曰く、2週間程前からデスクトップに置いている「ショートカットだけ」がよく消える、
と言うのです。

デスクトップを見せてもらうと、確かに大量のファイルが配置されており、
ショートカットがあったと思しき場所がポッカリ空いています。

消えているのはショートカットだけなのでウィルスにやられたとかではないようです。
しかも再度ショートカットを作ればきちんと機能しました。

原因

早速「デスクトップ ショートカット 消える」とかでググってみると
すぐ原因が分かりました。
てかトップにマイクロソフト公式が出てました。
Windows 7 でデスクトップ ショートカットが消える

曰く、定期的に走るトラブル保守ツールで破損したショートカット
(=繋がらないショートカット)が5つ以上あったら全部削除するとのこと。
なかなか余計なお世話ですねえ。
仕様ってことですねえ。そう、気軽にバグとか言ってはいけません。
「仕様」なんです。自分もよく言ってしまうけど、敵に回すとやっかいな奴です。

確認したところ、デスクトップのショートカットは全てファイルサーバ上の
フォルダのショートカットでした。
スリープからの復帰時や起動直後などは、なんやかやとネットワーク接続が
確立していないものです。そんな時にゴッソリいかれてしまったようです。

対策

先述のマイクロソフトのサイトによれば、保守ツールを無効にする方法も
紹介されていますが、他に影響があってもいけないので、
デスクトップのショートカットを4つ以下にしてねと伝えました。
4つ以上作りたければデスクトップに1つフォルダを作ってその中に
ショートカット入れれば大丈夫とのこと。

最後に

本件を調べながらなんかデジャヴを感じると思ったら、1年位前に他の人から
同じ質問があって同じことを回答してたことを思い出しました。
やっぱりトラブル対応もしっかり記録しておかないといけませんね。
ついおざなりになってしまう。

それからググったらすぐ出てくるこれくらいは自分で調べてよ。。。
検索の仕方が分からないのか、僕=システム担当が近くにいるから
聞けばいいやという考えなのか。
確かに社内SEやシステム担当なんて人は、分からないことがあれば
まずは自分で検索します(と思います。そうでないと仕事にならない)。
でもSIerから一般企業に転職して、分からないことがあれば誰かに聞く
スタイルの人が非常に多いことにカルチャーショックを受けました。
自分の常識だけでは分からないものですね。

でもやっぱりこれ位は自分で調べて解決してほしいものです。僕の負担軽減の為にも。
そういう方向にユーザを啓蒙していくのも社内SEの仕事ではあるのですが、
まだまだ時間が掛かります。