1枚物の資料ならwindows標準のツールSnipping Tool




社内SEはよく説明資料を作る必要に迫られます。

そんな時、画面がないと説明し辛いのでスクリーンショットを取ったりするのですが、

Windows標準のツールでSnipping Toolという便利なツールがあることに気づきました。今更。

すべてのプログラムからSnipping Toolを探して起動するだけ。

もちろんwindows10にもwindowsアクセサリの中にあります。

起動すればすぐ使い方は分かるので説明は割愛。

ちょっとした説明資料でスクリーンショットをちょっと取りたいときに非常に便利です。

選択した範囲を画像ファイルにして保存でき、ちょっとした追記ができます。

今までキーボードのプリントスクリーン(psc)とかでペイントやエクセルに一々貼り付けていたのは何だったのでしょう。

Windows標準のツール(笑)みたいに思ってましたが、非常にできる子でした。

思い込みはいけませんな。今ではよく使うツールの1つです。

因みに snipというのはチョキンと切るという意味です。うむ。確かに。