windows updateの時間を劇的短縮



wait

社内SEの避けては通れない仕事の1つはパソコンのセッティングです。
新しく購入したPCや修理上がりのPC、暫く放置してあったPCなど、
様々なPCをセッティングして社員に配ることでしょう。

そんな中で時間のかかる作業と言えばやはりwindows updateです。
溜まりに溜まったWindows Updateを全部適用していくのはまあ時間がかかります。
ユーザにやっといてねと任せたいけど、必ずやってくれる保証はないし、というか
まずやってくれません。

1時間も2時間も「更新プログラムを確認しています」とか出てる画面を見せられていると
僕もイラチな方なので、非常に精神衛生上良くなかったりします。
結局待ちきれずに再起動を掛けたりして余計時間がかかるという負のスパイラル。
最近は達観して、帰る前に更新プログラムの確認をして一晩放置すると、
翌朝更新プログラムのインストールができるようになっていたのでその方法ばかりでした。

しかし、更に効率化を図るべく調査していると下記のサイトに辿り着きました。
Windows7 SP1 クリーンインストール直後のWindows Update (どのKBを先入れすると時間がかからなくて済むか?

おお、これはすごい。Windows7SP1をクリーンインストールした直後(まだWindows Updateを全く入れていない状態)で、
特定の更新プログラムを先に入れておくことで更新プログラムのインストールに要する時間を劇的に短縮できるのだ。

早速やってみる。
感動である。
サイトの手順に従ってやってみると、ものの2~3時間で更新をすべて当てることができました。
注意としてはクリーンインストール直後の状態なら大丈夫だが、半端に更新プログラムが入っていると
通常のやり方しかできないという点でしょうか。
そうは言いながらも、不要なKBはインストールしようとすると不要ですと出てくれるので、
やはり手順に従ってやれば一定の効果は見込めそうです。試してないけど。