カテゴリー
tips

windows10でのスクショが大進化

windows10でスクリーンショットを取る時、Snipping Toolを使っていた。
実はこのスニッピングツールを使っていると、画面にSnipping Toolが進化しますとか出ていたが、気にもとめていなかった。(残念ながらよくある話だ・・)

この進化したツールというのが「切り取り&スケッチ」だ。
win10でこの記事を読んでいる方は<win + Shift + S>を押してみてほしい。
画面の上部にアイコンが幾つか出てきたはずだ。
はい簡単。これで指定領域や指定ウィンドウのスクショが取れる。

スクリーンショットはクリップボードに保存されるので、
エクセルに貼るもよし、ペイントに貼るもよしである。
直接クリップボードに入るのは地味だが便利。

マニュアルなどを作る際のスクショはもうこれ一本で十分だと思う。後はタイマー録画できたら完璧やんと思ってたら、ショートカットでなく、普通にメニューから切り取り&スケッチを起動し、新規の横のボタンを押すと、3秒後、10秒後のスクリーンショットを取るメニューが出て、もうこれしかないわ。

また、撮ったスクショの通知をクリックすると簡単な書き込みができるので、赤線を引いたり、マーカーで強調表示なんかも簡単にできて隙がない。本当によくできていると思う。


もっと細かい設定やこだわりたい方はフリーソフトなどを使えばよいが、単純にスクリーンショットを簡単に取りたいなら断然オススメである。

余談だが、スクショの領域指定の「フリーフォーム領域切り取り」はどこで使えばいいの?ヘロヘロの領域指定ができるだけで、使い所がまったく分からない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください