カテゴリー
tips

Office365の独自ドメイン設定をしようとしたら既にサインアップ済みと言われた場合の対応

何このアドバイスて

Office365の独自ドメイン設定をすることになった。
マニュアルを見ているとDNSレコードの設定に気をつけておけば難しい作業でもないようだ。

そして実際に独自ドメインの設定を進めようとするとこんな画面が。

何故かこれから登録するドメインが既にサインアップしているとか言われるのだった。
当然身に覚えがないので、とりあえず自分のメールアドレスを入れて招待メールを送信してみたが、糞の役にも立たないメールしか来なかった。

仕方ないのでグーグル先生で調べると、マイクロソフトのTechNetのサイトを見つけた。
セルフサービス サインアップで登録されたドメインの対処方法

勝手にテナントが作られてたって?

このサイトによると、マイクロソフトのセルフサービスサインアップに対応したサービスに登録したメールアドレスがあると、そのドメインに対応したOffice365のテナントが勝手に(!)できるということらしい。更にそれは管理者不在の非管理テナントになる。
つまり、上記のメッセージはこの非管理テナントがあるから、このドメインの設定を進められないということだ。

そんなサービスに登録した覚えはないのだが・・・。
いや、ある。1つあるな。VLSC。
ボリュームライセンスサービスセンターで、このドメインのユーザ(というか自分のメールアドレス)を使っている。
いや、でも何年か前から使ってるから今更急にOffice365のテナントなんか作られてもな。

ドメインを取り戻す

結局このVLSCであるタイミングで勝手に作られたOffice365の管理者不在のテナントが邪魔しているので、このテナントにログインしてドメインを開放しなければならない。

手順としては、office365のサインイン画面で、今回の場合はVLSCで使っているユーザ名、パスワードでログインする。
すると次のそっけない画面になる。

ここで管理をクリックして、ドメイン設定の画面を開くと次のような画面が表示される。

何やらやたらデカイ字で管理者になるかと聞かれるので、管理者になりますをクリック。
DNSレコードにTXTレコードを追加して、ドメイン所有者であることを証明しろと言われるので、指定されたレコードをDNSに追加する。(実際はドメインの管理を外部の会社に任せているので一々依頼を掛けなければいけなくて手間がかかった)

首尾よくDNSレコードを追加して確認ボタンを押せば、ここの管理者になることができるので、ドメインをoffice365デフォルトのものに変更して、欲しかった独自ドメインを開放してやる。これで完了。

あとは最初にやろうとしていた独自ドメインの設定を進めていく。こちらは検索すればたくさん情報がある。

あとがき

DNSレコードのあれこれなんてそうそう関わらないので、いい経験になった。しかし、こういう作業って業者がやってくれるもんじゃないのだろうか。やんわり断られたのは何だったのか。ま、確かに今回みたいなイレギュラーがなければそれ程難しい作業ではないのだが、失敗した場合の影響が大きいから緊張感があったな。うめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください