カテゴリー: tips

「管理者として実行」するバッチファイルに括弧をつけてはいけない

以前のネットワーク設定を変更するバッチファイル。
管理者権限で実行する必要がある。

しかし、「管理者として実行」で実行しても動いている様子がない。
単なるダブルクリックで一般ユーザとして実行すると動いている。(pauseを入れて確認)

管理者としてコマンドプロンプトを開いてバッチファイルを実行すると、確かに動くことから、構文エラーではない。

色々調べて分かったのは結局ファイル名だった。
ファイル名に括弧をつけてhoge(test).batのようにしていたのが原因。
カッコを外して管理者として実行したら何の問題もなく実行できた。

参考にしたサイト
“(“を含むパス上にあるbatファイルを、「管理者として実行」で正常実行できない

管理者として実行する場合と普通に実行する場合で、コマンド実行時の引数のファイル名をそのまま扱うか、クォーテーションで囲って扱うかの違いがあるようだ。もちろんそれが”仕様”である。

まあバッチファイルにはカッコを付けないようにしておくのが吉だ。

WSUSで.NET Framework3.5がダウンロードできない

.NET Framework3.5が必要になることがある。
そんな時、「windows機能の有効化または無効化」で.NET Framework3.5を
有効にしようとしてもエラーになった。
WSUSで引っかかるようだ。

対策を調べると下記のサイトが見つかった。
WSUS管理下のPCで.NET Framework インストール時の0x800F081Fエラーの対処法

備忘を兼ねてシンプルに要約すると、
WSUSは.NET Framework3.5本体をサポートしていないので、WSUS経由で配信できない。
そのためグループポリシーでインターネット上から.NET Framework3.5を
ダウンロードしてくるよう設定する。
ということだ。

[コンピューターの構成] -[ポリシー] – [管理用テンプレート] – [システム] – [オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する:有効]を選択し、
『Windows Server Update Services (WSUS) の代わりに、
Windows Update から修復コンテンツとオプションの機能を直接ダウンロードする』にチェックを入れる。

WSUS管理下のPCで.NET Framework インストール時の0x800F081Fエラーの対処法

このGPOを作っておいて、普段は何も割り当てず、
必要な都度、対象PCを割り当てるのが良さそうだ。
必要ないのに割り当てていると、WSUSでなく常にインターネットからダウンロードしてしまうので注意。

.NET Framework3.5位ならまだまだ使われていると思うからWSUSでサポートしてくれればいいのに。
因みに.NET Framework3.5のパッチはWSUSで提供されている。

PowerPointのプレゼン中にレーザーポインタを表示しよう

パワーポイントでのプレゼンテーション。会社でよくある光景です。
前方のスクリーンにスライドを映して、
今話している箇所をレーザーポインターで表示したりします。
このレーザーポインター、PowerPoint(2010以降)ならソフト的に対応できるんです。
PowerPoint2010でレーザーポインターを表示させる方法

上記のサイトで紹介されているように、
プレゼン中に「ctrl」+「左クリック」でカーソルがポインタになるんですねえ。
僕も実際にやってみましたが、ポインタになるとちょっとアガりますね。

手持ちのレーザーポインターで画面指す時、すごい震える人いるよね。
この方法でポインタにすれば、震えずにすむのでおすすめです。

何気にポインタの色を変えることもできるので、
憧れの(?)緑色のポインタにもできます。
緑のポインタかっこいいですよね。

PowerPointもプレゼンも結構使ってるつもりでしたが、
まだ知らない機能もあるものです。
社内でも使っている人を見たことないので、
少しずつ布教していこうと思いました。

ISOファイルを直接マウントする

最近のOSは楽にマウントできた

社内SEとして業務しているとインストールメディアやISOファイルに触れることがあります。
ISOファイルは通常、DAEMON Toolsなんかでマウントしてから使っていましたが、
下記の記事によればWindowsServer2012やWindows8以降であれば
標準機能でマウントできるそうです。

【Tips】Windows8 やWindows Server 2012はISOファイルを直接マウントできます

早速手元にあったWindowsServer2012の環境で試してみる。
おお、確かにISOファイルのダブルクリックだけでマウントできる。
今更ながら気づいたのでメモ。
地味ながら便利です。

これ結構常識だったのかな。
ユーザ企業の社内SEだとなかなかサーバがっつり触らないし、と言い訳してみる。

使い所

ISOファイルというと、インストールメディアが多いと思いますが、
サイズの大きいフォルダをコピーしたい際にも使えそうです。
そのままコピーしたりzipにしてコピーすると結構エラーが出たりしますが、
ISOファイルなら単体ファイルになるので大丈夫ではないかと。
試してないけど。

Active Directoryでグループポリシーを確認するには

– Active Directoryでグループポリシーを即反映させるコマンド
(コマンドプロンプトで実行、以下同)

gpupdate /f

 

– Active Directoryで現在の<ユーザ>に適用されているグループポリシーの確認

gpresult /r
(もっと詳細な情報が欲しければgpresult /z)

 

– Active Directoryで現在の<コンピュータ>に適用されているグループポリシーの確認

(コマンドプロンプトを「管理者として実行」した上で)
gpresult /r /scope computer

※「管理者として実行」で実行しないとアクセス拒否エラーになります。

 

1つ目のgpupdateは、エンドユーザにコマンド打ってもらうのが敷居が高そうなら、
シンプルに再起動をかけてもらうのがよいでしょう。ログオフでも可。

よく忘れるのでメモ。

1枚物の資料ならwindows標準のツールSnipping Tool


社内SEはよく説明資料を作る必要に迫られます。

そんな時、画面がないと説明し辛いのでスクリーンショットを取ったりするのですが、

Windows標準のツールでSnipping Toolという便利なツールがあることに気づきました。今更。

 

すべてのプログラムからSnipping Toolを探して起動するだけ。

もちろんwindows10にもwindowsアクセサリの中にあります。

起動すればすぐ使い方は分かるので説明は割愛。

 

ちょっとした説明資料でスクリーンショットをちょっと取りたいときに非常に便利です。

選択した範囲を画像ファイルにして保存でき、ちょっとした追記ができます。

今までキーボードのプリントスクリーン(psc)とかでペイントやエクセルに一々貼り付けていたのは何だったのでしょう。

Windows標準のツール(笑)みたいに思ってましたが、非常にできる子でした。

思い込みはいけませんな。今ではよく使うツールの1つです。

 

因みに snipというのはチョキンと切るという意味です。うむ。確かに。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén