カテゴリー
tips

WSUSで.NET Framework3.5がダウンロードできない

.NET Framework3.5が必要になることがある。
そんな時、「windows機能の有効化または無効化」で.NET Framework3.5を
有効にしようとしてもエラーになった。
WSUSで引っかかるようだ。

対策を調べると下記のサイトが見つかった。
WSUS管理下のPCで.NET Framework インストール時の0x800F081Fエラーの対処法

備忘を兼ねてシンプルに要約すると、
WSUSは.NET Framework3.5本体をサポートしていないので、WSUS経由で配信できない。
そのためグループポリシーでインターネット上から.NET Framework3.5を
ダウンロードしてくるよう設定する。
ということだ。

[コンピューターの構成] -[ポリシー] – [管理用テンプレート] – [システム] – [オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する:有効]を選択し、
『Windows Server Update Services (WSUS) の代わりに、
Windows Update から修復コンテンツとオプションの機能を直接ダウンロードする』にチェックを入れる。

WSUS管理下のPCで.NET Framework インストール時の0x800F081Fエラーの対処法

このGPOを作っておいて、普段は何も割り当てず、
必要な都度、対象PCを割り当てるのが良さそうだ。
必要ないのに割り当てていると、WSUSでなく常にインターネットからダウンロードしてしまうので注意。

.NET Framework3.5位ならまだまだ使われていると思うからWSUSでサポートしてくれればいいのに。
因みに.NET Framework3.5のパッチはWSUSで提供されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください